ヴァントルテ

薬用ファンデーション

 

【化粧品と薬用ファンデーション】

化粧品は、薬事法により「化粧品」と「薬用化粧品」に分けられています。

薬用化粧品は、化粧品と医薬品の中間に入る「医薬部外品」です。医薬部外品には、育毛剤、除毛剤、染毛剤、浴用剤、口中清涼剤、消臭防止剤なども含まれます。

また、薬事法の改正により、それまで医薬品として分類されていたビタミン剤や尿素クリームなどが、医薬部外品に入るようになりました。


医薬品は、病気の予防や治療に用いられるもので、病院や薬剤師のいる薬局でしか買うことができません。

医薬部外品は、医薬品より人体に対しての作用が緩和なものとなっています。

化粧品は美容を目的とするもので、薬事法では、身体の清潔、美化、容貌を変え、皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に使うものとされています。


薬用化粧品は化粧品としての位置づけのほかに、肌荒れや美白、デオドラント効果、ニキビ予防などの効果を持つ「有効成分」が配合されています。

化粧品と薬用化粧品の大きな違いは、この有効成分が配合されているか否かのようです。


【薬用ファンデーション以上の効果?】

ヴァントルテの大きな特徴は、「シルク」を配合したことによります。

ミネラルシルクファンデーションには、 18種類のアミノ酸が豊富な「シルク」を配合。人間の肌と同じたんぱく質でできているシルクは、その高い保湿力で、キメの細かな潤いのある肌へと導くとのことです。

また、シルクには紫外線を吸収してカットする力があり、肌をケアしながらUVカットすることができます。

さらに、ミネラルリキッドファンデーションには、美容成分を60%以上配合して毛穴を引きしめ、シミをしっかりカバーします。


薬用ファンデーションには、シミを防ぐ美白成分や、ニキビに良い成分などが含まれていますが、ヴァントルテはそれらに変わる成分を配合しています。

薬用だから肌に良いかというと、そういうわけでもなく、商品によっては肌に合わないケースが報告されています。

薬用化粧品を使って効果の得られなかった人は、ミネラルシルクファンデーションを使ってみてください。


ただ、症状がひどい人は、そもそも顔に何かを塗ることがダメージにつながってしまっている場合がありますから、原因を確認する意味でも皮膚科を受診してください。


セールバナー

 

GIFアニメバナー

ミネラルファンデをおすすめしたい人

ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラルファンデの基礎知識

ミネラルファンデ初心者の方へ

賢い選び方

オンリーミネラル

レイチェルワイン

ヴァントルテ