レイチェルワイン

薬用ファンデーション

 

レイチェルワイン

 

【薬用ファンデーションの成分は?】

通常のファンデーションに配合されている成分ですが、肌色を補うための「顔料」、肌の乾燥を抑えるための「油分」、品質を長持ちさせるために「保存料」などが含まれています。

ミネラルファンデーションには、ミネラル成分以外に「顔料」しか加えられていないので、肌に負担が少なく、クレンジングで油分を溶かして洗う必要もないわけです。


一方、薬用ファンデーションの場合は、乾燥肌であったり、ニキビ肌の人のために、さまざまな薬用成分が含まれています。

無香料や着色剤など、肌に悪そうな成分は一切含まれておらず、荒れ性肌や敏感肌の人向けのものもあります。

また、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防いだり、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれなどを防ぐ成分が配合されていたりします。


薬用ファンデーションは「医薬部外品」ですが、これは厚生省が一定の審査基準で許可したもので、化粧品と医薬品の中間に位置づけされています。

薬用化粧品の中に含まれますが、肌荒れ、ニキビ防止、美白、皮膚の殺菌など、薬事法によって「医薬部外品」として認められた効能を持つようです。

薬用化粧品には、クリーム、乳液、ハンドクリーム、化粧水、パック、日焼け止めクリーム、薬用石けん、シャンプー・リンスのような種類があります。


【アレルギーにいいの?】

レイチェルワインの口コミを読むと、アトピーなどのアレルギー疾患を持つ人に、症状が出ないという報告があります。

ミネラルファンデーションと薬用ファンデーションの違いは、症状を抑える薬用成分が含まれているか否かという点です。

レイチェルワインを使用して、アトピーが治るということではありません。

ミネラルファンデーションには、肌に害のあるような成分が含まれていないために、アレルギー症状が出ないということなのだと思います。


本来、アトピーなどのアレルギー疾患を持つ人は、肌に何もつけない状態でいることが望ましいですが、スッピンで会社に行くわけにはいかないから肌にやさしい化粧品を選ぶ必要があるということなのです。


ほかには、「タルク」などの肌にかゆみや乾燥を引き起こす原因とされている成分が入っていないため、乾燥肌の人でも安心してお使いになれます。

また、ニキビ肌の人には、「オキシ塩化ビスマス」のような成分が入っていないことから、影響がないとされています。

さらに、敏感肌の人のために、肌への刺激のなさを考えてレイチェルワインは、高級人工毛のブラシにこだわりを持っているのです。

ただし、ミネラル鉱物なので、金属アレルギーの方に反応が出る場合があります。ご使用前に、パッチテストを行うようにしてください。


セールバナー

 

レイチェルワイン

ミネラルファンデをおすすめしたい人

ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラルファンデの基礎知識

ミネラルファンデ初心者の方へ

賢い選び方

オンリーミネラル

レイチェルワイン

ヴァントルテ