レイチェルワイン

パウダーコンシーラー

 

レイチェルワイン

 

【どのように使うの?】

市販のコンシーラーはカバー力に優れていますが、油分が多いため、長時間使用すると酸化が起こり、肌トラブルを起こす原因となります。

レイチェルワインのパウダーコンシーラーは油分はもちろん、防腐剤、タール色素、界面活性剤などを使用しておりません。

また、「ラウロイルリシン」という保湿成分が肌の乾燥を防ぎます。油分がないので、洗顔だけで簡単に落とすこともできます。


パウダーコンシーラーの使い方ですが、ファンデーションでは隠しきれないシミやそばかすなどをカバーします。

従来のコンシーラーは、完璧にカバーしようとすると厚化粧に見えてしまうのが欠点でした。

レイチェルワインのコンシーラーは、ファンデーションの上に重ねづけしても厚塗りにならず、しっかりフィットします。

また、パウダー状だから、ファンデーションの上へのつけ直しも簡単です。


ミネラルファンデーションと一緒に使うことで、さらにカバー力がアップします。

ブラシなどにコンシーラーを少量つけて、シミやそばかす、ニキビ跡などのカバーしたい部分に重ねづけするだけで、自然な感じに仕上げることができるでしょう。


【カラーバリエーションは?】

パウダーコンシーラーのカラーバリエーションは4色ですが、ミネラルファンデーションと組み合わせることでカバー力がアップします。


カッコ内は、パウダーコンシーラーのナンバーですが、ミネラルファンデーションのカラーに合わせてお使いください。

●イエロー系の明るめの肌色(♯0)・・・シフォン、ブロンディ

●ピンク系の明るめの肌色(♯1)・・・ピーチ、ナチュラル

●日本人の標準色(♯2)・・・ヌーディ、ベージュ

●健康的な肌色(♯3)・・・ロゼ、ウォーム


下地クリームやフィニッシングパウダーなどは必要ないと謳ってはいますが、それは肌のキレイな人の場合です。

薄づきのミネラルファンデーションだけではどうしても、濃いシミやくすみ、ニキビ跡などのカバーは難しくなります。

それを補ってくれるのが、パウダーコンシーラーです。ミネラルファンデーションとカラーが対応していますから、違和感なく重ねることができるでしょう。

シミやくすみが消えたとしても、厚化粧に見えてしまっては意味がありませんが、レイチェルワインのミネラルファンデーションとパウダーコンシーラーなら、そのような心配はいりません。

 

レイチェルワイン

ミネラルファンデをおすすめしたい人

ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラルファンデの基礎知識

ミネラルファンデ初心者の方へ

賢い選び方

オンリーミネラル

レイチェルワイン

ヴァントルテ