ミネラルファンデをおすすめしたい人

ナチュラルメイクの人

 

ミネラルファンデーションには向き不向きがあります。
ミネラルファンデーションの性質上、カバー力を重視する人、しっかりメイクをしないといけない人には向いていません。
商品によってカバー力や崩れにくさは異なりますが、やはり一般的なファンデーションと比べると劣ってしまうのは事実です。
これは実際に私が使ってみて感じました。

ミネラルファンデーションが向いている人はナチュラルメイクの人です。
普段から化粧が薄い人ならカバー力などはあまり関係ないですし、肌に優しいので最適なファンデーションだと思います。

また、カバー力を気になる場合、パウダータイプではなく、リキッドタイプのミネラルファンデーションを選べば問題ないでしょう。
リキッドタイプはパウダータイプとは違って、界面活性剤や防止剤などが使用されていますが、
カバー力・保湿力はパウダータイプよりも上です。
一般的なファンデーションと似た感覚で使用できるので、しっかりメイクをしたい人にはリキッドタイプをおすすめします。

ただリキッドタイプのミネラルファンデーションを使用する場合は、きちんとクレンジングをしてください。
パウダータイプは界面活性剤が入っていないのでクレンジングをする必要はないですが、リキッドタイプは配合されているので、石鹸だけでは洗い流せません。
普通のファンデーションと同じようにクレンジングと洗顔の両方を行いましょう。

これからミネラルファンデーションを使う人に使用する際のアドバイスをいくつかしたいと思います。
ポイントをきちんと押さえて使えば誰でも上手にメイクができます。

パウダータイプのミネラルファンデーションを使用する場合、ブラシに多めに粉をつけてください。
少し多いかな?と感じるくらいで問題ありません。
それからブラシを立てながら、少しずつ肌に乗せていきます。
全体に塗って、まだ薄いと思ったら少しずつ足していきましょう。

一般的なファンデーションよりもカバー力が弱いため、厚く塗りたくなりますが、これはNGです。
厚く塗ると逆に肌トラブルが目立ってしまう危険があります。
厚塗りになってしまった時は、パウダーをブラシで落としてください。

パウダータイプのミネラルファンデーションは乾いた肌に使うのが鉄則です。
しっとりした肌状態で使用すると上手く塗ることができず、厚塗りになったり、ムラができやすいので注意しましょう。
必ず肌が乾いているか確認してから使ってください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

GIFアニメバナー

ミネラルファンデをおすすめしたい人

ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラルファンデの基礎知識

ミネラルファンデ初心者の方へ

賢い選び方

オンリーミネラル

レイチェルワイン

ヴァントルテ