ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラル成分の割合・主原料

 

ミネラルファンデーションは肌に優しい成分で作られています。
肌にダメージを与えるようなオイルやパラベン、防腐剤、香料、着色料といった成分が含まれていないのが特徴です。
だからこそ、肌に不安を抱えている私はミネラルファンデーションを愛用しています。

しかし、ミネラルファンデーションならどれでも肌に優しいわけではありません。
商品によっては肌に悪い成分が含まれています。
知らない人も多いかもしれませんが、実はミネラル100%ではなくてもミネラルファンデーションとして販売することができます。
極端な話、1%でもミネラルが配合されていればOKということです。
そのため、普通のファンデーションとほとんど変わらない配合成分の商品も珍しくありません。

配合成分を確認せずに購入してしまうとさらに肌状態が悪くなることもあります。
肌に優しい本物のミネラルファンデーションを使用するためにもミネラル成分の割合や使用している主原料の種類について比較しましょう。

まず、ミネラル成分を比較する時に注目したいのが配合割合です。
ミネラル以外の成分が配合されているものが必ずしも悪いわけではないですが、本当に肌に優しいミネラルファンデーションを使用したい場合はミネラル100%にこだわってください。
これまでに色々なミネラルファンデーションを試してきた結果、やはりミネラル100%のミネラルファンデーションの方が肌への負担が優しく安心感がありました。
逆に割合の低いミネラルファンデーションは、「一般的なファンデーションと何が違うの?」という印象を受けたので、使い比べると違いがハッキリ分かります。

ちなみにミネラル100%のミネラルファンデーションは、普通のファンデーションよりも製造コストがかかっているため、それなりの価格がします。
最低でも3000円くらいはするので、1000円前後で販売されている商品はミネラル100%のものではないと思っていいでしょう。
安く買えないか探してみましたが、安ものは品質が悪かったので、本物を使うならある程度の出費は仕方がないかもしれません。

そして、ミネラル成分といっても色々な種類があるので、どんなものが使用されているのかも比較する時にチェックしてください。
一般的に使用されているミネラル成分はマイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄などです。
これらのミネラル成分以外のものが配合されている場合は、その成分がどんなものなのかきちんと調べることをおすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

GIFアニメバナー

ミネラルファンデをおすすめしたい人

ミネラルファンデの比較ポイント

ミネラルファンデの基礎知識

ミネラルファンデ初心者の方へ

賢い選び方

オンリーミネラル

レイチェルワイン

ヴァントルテ